こんにちは!

先日IFBB BIKINIのヘッドジャッジのサンディーがビキニのポージング・フィジカルについて説明をしていました。

これは世界(IFBB Pro)に挑戦したいビキニ選手は絶対に知っておくべきことです。

 

(下に日本語に訳したものを貼っておきます)

 

「こんにちは。私はSandy Williomsonと言います。NPC及びIFBB プロリーグの議長を務めさせて頂いております。

本日、私はビキニリーグにおいて審判員が何を見てるかについてお話ししたいと思います。

私たちは、ある特定の項目を見ています。

それは、筋肉のたくましさ、調整がされているか、バランスと形が整っているか、そして、審判員への見せ方が十分かです。

これらの評価項目はリーグごとに重視される比重に違いがあるにせよ皆同じです。

ビキニリーグでは筋肉の基礎はもちろん必要です。女性アスリートが私たちが求めてる身体になるためには筋肉は多少必要です。

私たちは、ビキニを着たときの綺麗に整った谷間、綺麗な足、上半身の美しさを見ています。

しかし、私たちは、筋肉繊維、筋、筋肉が割れてるのは見たいわけではありません。

ネットに上がってる写真を観ると、アスリートは実際にステージで観るよりも大きく見えたりより引き締まって見えるため、

そのように勘違いする人がいるのだと思います。

コンテストの準備をしているアスリートがその写真を観ると、

「ああ、最近はもっと大きくならないといけない。最近はより厳しくなっている。」

と思うかもしれません。

しかし、それは誤りで、ビキニリーグの評価基準とはずれてます。

トップのアスリートを見ればわかると思います。

例えば、アンジェリカ、ケイシー、ロミーナ。

先程も言った通り、皆身体に綺麗な滑らかさがあり、筋肉が割れてる訳ではありません。

しかし、他のリーグと同様、筋肉はたしかに存在します。

しかし、そう多くはありません。

ビキニリーグでは他のリーグのような筋肉の量はあまり求めていないのです。」

 

なるほどなーーーー。

 

 

近年の日本のビキニ選手の身体は、どんどんアマチュアトップよりになっています。

アマチュアビキニの頂点に君臨するのはヨーロッパの選手たちです。

彼女たちの身体つきと、プロビキニの身体つきは、横に並べてみると違いがわかります。

IFBB ProのトップAngelica Teixeira     IFBB アマチュアのトップKsenia Romanova  

どちらも女性らしい丸みがあるのは間違いありませんが、

Proのほうが、よりお尻・ハムストリングが鍛えられています。

アマチュアビキニは、大腿四頭筋の逞しさが求められます。

 

比べて分かる通り、ポージングも違います。

Proは肩に力を入れたり、背中を広げたり、過度なアピールは評価されません。

 

「ナチュラルでいて美しいことが求められるのがプロ」

私のデビュー戦でジャネットが教えてくれた最も印象に残っている言葉です。

 

目標に向かって成長するためにも、

常に世界にアンテナを張って、自分の情報をアップデートし、皆さんにアウトプットしていきたいと思います。

 

ポージングレッスン・ポージングセミナー。パーソナルトレーニングのお問い合わせもお待ちしています★
お問い合わせはこちら

ポージングクリニックの詳細はこちら

パーソナルトレーニングスケジュールはこちら

 

MIHARU SNS

Salonhttps://dietgenius.jp/product/miharu-fitness-model-challenge/
Bloghttp://miharu-k.info/blog
Shophttps://miharu-k.info/shop
Twitterhttps://twitter.com/miharufitness
Instagramhttps://www.instagram.com/miharufitness/
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw
アメブロhttps://ameblo.jp/miharu-jp/