大自然を楽しむ グアム観光スポット

大自然を楽しむ グアム観光スポット

日本列島から伊豆諸島、小笠原諸島を越え、2500キロほど太平洋を南下したところにある常夏の島、グアム。

年間を通じて最高気温30℃前後、最低気温23~24℃と一定で、1年中海水浴やマリンスポーツが楽しめる観光スポットとして有名ですね。

グアムへは、成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部空港からはおよそ3時間30分のフライトで到着し、時差は1時間ほどしかありません。

 

グアムはアメリカといっても意外に日本と近い島なのです。

グアムといえばまず美しいビーチが思い浮かびますが、それだけではありません。

内陸は丘陵地帯になっており、洞窟、砂丘、川などの自然もたくさんあります。

 

というわけで、ここではグアムの大自然を満喫できるおススメのスポットを中心に見ていきたいと思います。

 

ターザン・フォールズ(TARZAN FALLS)

グアム南部のジョーニャ村にある大きな滝です。

滝まではトレッキングコースになっていて、草原の中に続く赤土の道を歩いていき、目印のあるところから谷へと降りていくと滝に辿り着きます。

ターザン・フォールズの滝壺は入って遊ぶことができます。

水が流れ落ちる岩壁に身体を寄せて滝に打たれると冷たい水がとても心地よいです。

道中は赤土で靴が汚れてしまうので、汚れてもよいものを履いてでかけることをお勧めします。とくに雨季に行くとぬかるんだところが多くなり、歩きにくくなります。

また暑い中でのトレッキングになるので、大量に発汗します。飲み物は必ず持参してくださいね。

 

 

ローワー・シグア・フォールズ(Lower Sigua Falls)

ローワー・シグア・フォールズ(Lower Sigua Falls)

ターザン・フォールズよりもグアム中央寄りのアルトム山のふもと、シグア川の下流域にある、グアムで最大の滝です。

ローワー・シグア・フォールズはターザン・フォールズと同じジョーニャ村にあります。

ここでも草原を縦断するでこぼこした赤土の道を歩き続け、滝付近の谷をずっと下りていくと辿り着きます。

滝は約10メートルの高さがあり、滝壺に入ることもできますし、滝に打たれることもできます。

 

また滝の中腹の崖から飛び込むこともできます。

とくに水の多い雨季には滝遊びに興じる人たちで賑わいます。

 

 

アガーナ湾(ハガニア湾)

グアム国際空港を抜け、公道8号線を西に行き、2kmくらい走るとアガーナ湾の湾岸線が見えてきます。

アガーナ湾はとても静かでのんびりムードのある海岸で、何だか心が落ち着きます。

アガーナ湾ではバナナボート、ジェットスキー、パラセイリング、カヤック、シュノーケリングなどのウォーターアクティビティを満喫できます。

アガーナ湾を背にして少し歩くとすぐにグアムの首都ハガニアの街並みが見えてきます。

ハガニアの街を歩くと、議事堂や行政府などがあり、ここがグアムの中心地であることがうかがえます。

さらにはスペイン広場、ハガニア大聖堂バシリカ、サン・アントニオ橋、アフガン砦などが目に入り、グアムには3世紀もの長い期間、スペインに占拠されていた歴史があったということをあらためて感じさせられます。

美しく静かな海とともにグアムの歴史や文化を味わえる観光スポットがアガーナ湾なのです。

 

 

パガットケーブ(pagat cave)

パガットケーブはグアム北東の太平洋側にあります。

パガットケーブに行くにはジャングルや草原をかきわけながら海岸の方向へと進んでいきます。

途中にはチャモロ人の遺跡があり、海岸に入る手前に洞窟があります。

洞窟の中はひんやりと涼しく、洞窟内をしばらく歩くと神秘の泉と呼ばれる泉が見えてきます。

この水は海水でなく、洞窟内から湧き出る真水です。

水は透明で水温は20℃ほどの冷たさで、トレッキングでほてった身体を冷ますのにうってつけです。

ただし足元がゴツゴツと不安定なので転んでケガをしないよう注意する必要があります。

洞窟を抜けるととびきり美しい海岸が臨めます。

青い海と深い緑と岩壁の織り成す風景は息を呑むほど美しく、とても開放的です。

 

 

<番外編>

海の中のブランコ

グアムNo.1の観光スポットとして知られるタモンは多くの人々で賑わいますが、繁華街から少し離れたサンタフェホテル前の海辺は静かで落ち着いた雰囲気に満ちています。

この砂浜から遠浅の海の少し先を見ると海中ブランコが目に入ってきます。

静かな海の中にぽつんと佇むブランコはとても魅惑的で、ついそこまで行ってブランコに乗りたくなります。

そしてブランコを漕ぎ、ブランコに揺られながら、遥かに広がる水平線を眺めていると、心が洗われるようなとても爽快な気分とともに深い旅情を味わえます。

 

 

イナラハン天然プール

グアム南部の町、イナラハンには天然のプールと呼ばれる観光スポットがあります。

このプールは、太古の火山活動、海水の浸食、戦争での爆撃などの影響によって長い時間をかけて出来上がった自然の造形物、奇跡のポットホールなのです。

溶岩で海水がせき止められていて、波が立つことなく、泳ぎやすくて本当にプールのようですが、小さな魚も泳いでいます。

高い飛び込み台もありますが、現在は使用禁止になっています。

またプールといっても地面はアスファルトでなく、岩礁ですのでビーチサンダルは必ず履いてくださいね。

 

 

大自然を楽しむ グアム観光スポットに関するMIHARUのコメント

グアムは朝陽が登るのを待つところから一日が始まり、海に沈む夕陽を眺めて一日が終わる、そんな自然と共に時を過ごすのがピッタリの場所でした。

マリンスポーツや美しいビーチのイメージが強いグアムですが、ちょっと飽きたらハイキングからの滝コースが個人的にはオススメ。

ただ、どの滝もかなり歩いて向かうので、しっかりと準備をしていくのがマスト。

険しい道の先には素晴らしい景色、素晴らしい体験が目白押しです。

日本からすぐ行けるグアムで、いつもと違った日常をぜひ送ってみてください★

 

MIHARU SNS

Online Salonhttps://miharu-k.info/onlinesalon
Bloghttps://miharu-k.info/blog
Shophttps://miharu-k.info/shop
Twitterhttps://twitter.com/miharufitness
Instagramhttps://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw
アメブロhttps://ameblo.jp/miharu-jp/
ビキニスクール:https://miharu-k.info
LINE:http://nav.cx/fKXIKSM