キャッシュレスの上をいく中国

64
China-money │MIHARU

こんにちはMIHARUです。

まだ上海生活を楽しんでいます!!

わたしは香港に半年間住んでいました。

同じ中華圏ですが、中国は香港と全く違い日々驚きの連続です。

今回の上海滞在で、私の知らない中国の新たな一面を知ることができました。

その中でも、一番の驚きがキャッシュレス。

そう、ほとんどの人がお財布を持っていないのです。

わたしは今年だけでも10以上の国を香港・日本を拠点として往復してきました。

アメリカに行けば米ドル

フランスに行けばユーロ

いつも現地に行く際に事前に両替をするか

現地の空港のATMでお金を引き出すようにしています。

盗難などのことを考え、いつも1度に引き出すのは数万円のみ。

基本はクレジットカードが使えるお店ではクレジットカードを利用するようにしていました。

多くの先進国のスーパー・レストランや百貨店ではクレジットカードが使えるので、

多くの現金が必要ありませんでした。

今回もいつもと同様に数万円の現金のみで足りるだろうと安易な考えをしていました。

各国での支払い方法

日本

日本では多くの支払いにクレジットカードを利用していました。

EdyやSuicaなどは日本でも徐々に主流になりつつあります。

アメリカ

アメリカでは、

クレジットカード=信用 という認識があり

クレジットカードはみんながみんなとてるものではありません。

日本でも審査などはありますが、アメリカは日本よりも厳しく、

発行元がしっかり審査をおこなった後に手続きになります。

日本のように学生向けクレジットカード

20代におすすめクレジットカード

のようなものは聞いたことがないです。

中国

クレジットカード以前に、財布を持ち歩いていません。

友人と食事をする機会があってもみんな手ぶらです。

誰一人財布を持っていません。

そしてお店側もクレジットカードに対応しているところが少ないです。

(観光名所やチェーン店などはクレジットカード、特に銀聯カードは使えるところがあります)

VISA?MasterCard?

今の10代の方は、もしかしたらクレジットカードの使い方を知らないかもしれません。

じゃあいったい、中国の人たちは何で支払っているのか?

それは携帯での支払いです。

 

中国の支払い方法

携帯アプリが主流

【Alipay】アリペイ

【Wechatpay】ウィーチャットペイ

が携帯にはいっておりこれで全ての支払いを完結してしまいます。

割り勘や友人への支払いもアプリで完結。

すごい!!

いや!若い人だけでしょ!?と思い方もいるかと思いますが

子供からおじいちゃん・おばあちゃんまでみんな使っています。

幼いころガチャガチャやりませんでしたか?

100円(今は300円くらいしますね)片手にガチャガチャをして、欲しいのが出てこなくて悔しい思いをしました。

きっとガチャガチャは誰もが1度はやったことがあると思います。

そのガチャガチャですらこのアプリで支払います。

逆にこのアプリがないとガチャガチャすらできません!!!!

少しわかりにくいですが、この中央の黒いところにQRコードがでてきて、専用のアプリで読み取り支払います。

他にも

・中国版Uberと言われている【DiDi】

・お酒(アルコール類)を自宅まで約20分で宅配してくれる【Bottles XO】

今週日本語のリリースが開始したと書かれていました。
詳しくは⬇
http://www.bottlesxo.com/japanese-app/

・日本で言うと楽天市場のようなネットショップ【Taobao】

・インターネットの問屋さん【アリババ】

・日本で言う食べログ【大衆点評】

全てアプリ内で注文して配達までしてくれます。

滞在中に利用しましたが本当に便利!

お酒も注文後20分で届けてくれました!!!

街中も至る所でQRコードをみかけます

・自転車レンタル

・駅の自動販売機

・切り花の路上販売

・飲食の露店

これら全てアリペイかウィーチャットペイがないと利用することすらできません。

ちなみにこちらの写真が街中にあるレンタサイクル。

このQRコードを読み取り、時間で借りていく仕組みになっています。

上海のタクシーはお客を選びます。(香港・タイも同じです)

近いと嫌とか反対側だから、まず中国語話さないからだめとか・・・。

急な雨が降った日は本当に大変でした。

DiDiやレンタサイクルだけでも使えたらとっても観光客にはいいのですが

SMSを今現在持っていない私では登録することができませんでした。

もしかしたらSMSがある人ならDiDiは利用できるかもしれません。

 

Alipay Wechatpay を利用するには

アリペイやウィーチャットペイを利用できるようにするには

まず中国の銀行口座が必要です。

ただ中国の銀行口座を取得するのに観光客が開設できるのか、

中国語が話せないのに開設できるのかはわかりません。

年々アリペイやウィーチャットペイを登録するのが難しくなっていると聞きました。

身分証明書の数などで利用額が変わるとか。

このあたりはクレジットカードの限度額と同じ考えになっているんですね。

 

今後の中国を考える

ガチャガチャでも書いたように子供の頃からアリペイやウィーチャットペイなどのモバイル決済が生活の中心で、

クレジットカード知らず、現金知らずの子供達が確実に増えていきます。

スマホなしの生活は中国ではありません。

スマホ普及率は95%を超えています。

もしかしたら今後エストニアのようにSIMがID(身分証明書)になっていく可能性もあるかもしれませんね!!!

アリババがフィリピンの通信会社大手と提携したことによって、

アリペイが普及が世界中に広がっていく可能性が大いにあります!!!

本当に恐るべし中国!!!

いつも新しい発見をさせてくれるこの国は本当に面白い!

また行きたいと思います!!

MIHARU SNS

Online Salonhttps://miharu-k.info/onlinesalon
Bloghttps://miharu-k.info/blog
Shophttps://miharu-k.info/shop
Twitterhttps://twitter.com/miharufitness
Instagramhttps://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw
アメブロhttps://ameblo.jp/miharu-jp/
ビキニスクール:https://miharu-k.info
LINE:http://nav.cx/fKXIKSM