意外と知られていない身体のphバランスと健康の関係性

125
意外と知られていない身体のphバランスと健康の関係性

理科で習ったph。

「ペーハー」とも「ピーエイチ」とも呼ばれます。

水溶液の酸性・アルカリ性の程度を表す単位としてよく知られていますね。

私たちの血液(動脈血)のphを測定すると、たいていの人が7.4前後に収まります。

でも身体に異常があると、phは高くなったり、低くなったり、phのバランスが乱れます。

 

 

phバランスは健康状態のバロメーターになっている

phはpotential of hydrogenの略語です。

日本語では「水素イオン指数」や「水素イオン濃度指数」などと言われています。

phは溶液中に水素イオンをどれだけ含んでいるかを表し、その指数は0~14まであります。

低い数値(0に近い数値)ほど酸性が強く、高い数値(14に近い数値)ほどアルカリ性が強くなります。

中間の7は中性と呼ばれます。

 

人の胃液のphは1.5~2.0、

レモンやお酢のphは約2.5、

尿のphは約5.5、

石鹸の水溶液のphは9~10になります。

では人間の血液のphはどうかというと、健常な人の動脈血は7.35~7.45で、

中性に非常に近い弱アルカリ性になります。

医療の世界ではph7.35~7.45が動脈血の基準値として定められており、

この基準値よりも酸性に傾くと、「アシドーシス」、

アルカリ性に傾くと「アルカローシス」と区分され治療の対象となります。

 

 

phバランスはどんなときに乱れるの?

phバランスを保つ働きをしている臓器は、腎臓と肺の2つが挙げられます。

そして腎臓や肺の働きが悪くなるとphバランスが乱れることが知られています。

 

<phバランスが酸性に傾くと…>

phバランスが酸性に傾くと、

肺の機能の低下

血液のガス交換がうまくいかず二酸化炭素を体外に排出できない

二酸化炭素が増え血液のphは酸性(ph7.35以下)に傾く

その結果、

「アシドーシス」の状態になってしまいます。

 

また腎臓の機能が低下すると、

腎臓が作る重炭酸イオンがうまく作られなくなる

酸を炭酸にして身体から排出することができなくなる

身体は「アシドーシス」に傾いてしまいます。

 

肺や腎臓の機能低下から「アシドーシス」になると、吐き気や嘔吐、疲労感などが目立つようになります。

さらにアシドーシスが悪化すると、心臓の機能が低下し、血圧の急激な低下、昏睡状態となり、最悪の場合、死に至ります。

ちなみに1型糖尿病、肺炎、尿路感染症、心筋梗塞、脳卒中などの病気はアシドーシスが起こりやすくなることが知られています。

(参考サイト)

https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/kensa/column/column20160823.html

 

<phバランスがアルカリ性に傾くと…>

呼吸や食事などのエネルギー代謝の過程で、私たちの身体ではたえず酸が作られています。

そのため肺や腎臓で酸を排出することで身体を弱アルカリ性に保っていることは先ほど紹介しましたが、

血液がアルカリ性に傾きすぎる(ph7.45以上になる)「アルカローシス」になるとまた健康に悪い影響が出てきます。

「アルカローシス」の具体的な症状として、

筋肉のけいれん、ひきつり、しびれ、指や足の先がチクチクした感じがすることなどが挙げられます。

アルカローシスになる原因としては、

腎臓の機能が高まり重炭酸イオンを作りすぎてしまう

身体が過度のアルカリ性に傾いてしまうのです。

(参考サイト)

https://www.msdmanuals.com/

 

 

極端なダイエットはphバランスを乱すことも……

近年、ごはんなど炭水化物を摂らない、あるいは極度に摂取量を落とす「低炭水化物ダイエット」が流行っています。

これにより確かに1日の摂取カロリーを抑えることができます。

一方でタンパク質・脂肪分の比率が上がることで、体内はこれらの栄養素を代謝に使うことで、ケトン体という代謝産物が体内に増えていきます。

また普通にダイエットをしていても体内の脂肪が代謝に使われていきますので、ケトン体が体内に増えていきます。

 

こうして体内にケトン体が増えると身体が酸性に傾き、「ケトーシス」という状態になります。

軽いケトーシスは代謝が高まることで、体重も脂肪も減り、良好なダイエット効果が得られることから、

健康・美容に関心のある人の多くが身体を軽いケトーシス状態にする「ケトジェニックダイエット」を高く評価しています。

 

一方で、ケトン体が体内に異常蓄積し、ケトーシスが過度に進展すると身体が酸性に傾いた状態が続くことで、「ケトアシドーシス」と呼ばれる状態になるリスクが高まることが懸念されています。

ケトアシドーシスが進展すると、ケトアシドーシス昏睡と呼ばれる意識障害などを誘発するリスクが高まり、最悪の場合、死に至ります。

特に糖尿病のためにインスリンの分泌機能が低下していたり、身体がインスリンに反応しにくい状態になっていたりする人が、ケトジェニックダイエットを行うと、ケトアシドーシスのリスクが高まることが懸念されていますので注意が必要です。

(参考サイト)

http://metab-kyoto-u.jp/to_patient/online/a005.html

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/54/9/54_650/_pdf

 

 

「Phバランスと健康」に対するMIHARUのコメント

身体のph値を意識し始めたのは実は最近なので、

体内に入れるものを意識して、自分で実験していきたいと思います。

 

MIHARU SNS

Online Salonhttps://miharu-k.info/onlinesalon
Bloghttps://miharu-k.info/blog
Shophttps://miharu-k.info/shop
Twitterhttps://twitter.com/miharufitness
Instagramhttps://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw
アメブロhttps://ameblo.jp/miharu-jp/
ビキニスクール:https://miharu-k.info
LINE:http://nav.cx/fKXIKSM