何者にだってなれる強さ

5

いい意味でも、悪い意味でも、

一つの世界に浸りきっていると、

きっとその先も同じ世界で生きることしか考えられなくなってしまう。

 

 

会社だって、

チームだって、

何にだって言えることだ。

 

 

なにかに夢中になり、

極めるということは素晴らしいことだ。

 

だけど、

その世界しか知らないというのはあまりにも偏りすぎている。

ましてや他にもやりたいこと、興味関心があるのならば。

 

 

時間は有限だ。

 

 

 

今ある環境を変えることは、

当たり前だったものが当たり前ではなくなるということだ。

私が知らない世界、

私のことを誰も知らない世界に一歩踏み出すということは、とても勇気がいる。

 

 

 

だけど忘れちゃいけないことがある。

私は何者にだってなることができるということ。

 

そのためには心を育てる。

チャレンジする心。

変化を恐れない心。

自分の可能性を信じる心。

 

そして、

今いる世界では思い残すことが無いところまで極めるということ。

 

 

まだ見えない、

その先に進むために私はわたしの道を生きる、創り上げる。